広島市南区の総合クリニック 整形外科・リハビリテーション科・内科・外科

医療法人 凛りしき手 みなみまちクリニック

サイトマップ  お問い合わせ

院長紹介・ご挨拶医院紹介診療内容交通アクセス

下肢静脈瘤

病態・症状

下肢静脈瘤は下肢に静脈が浮き出る病気です。
心臓から送り出された血液は動脈を通って足先まで流れ、足で使われた血液は静脈を通って心臓に戻ります。
ところが、下肢静脈瘤の状態では一部の静脈で血液が足に逆流して戻ってしまいます。このため下肢静脈瘤では、むくむ・静脈が張って痛い・足がつる・足がだるい・足の湿疹が治らない・色素沈着や潰瘍ができるなど、足がうっ血することによるいろいろな症状が出ます。

原因

足の静脈には弁があるので血液は、立った状態でも重力に逆らって上の方向にだけ一方通行で流れます。しかし妊娠・出産、立ち仕事などにより足の静脈の弁に負担がかかると静脈の弁が壊れてしまい、立った状態では静脈は逆流してしまいます。そのため下肢の静脈には圧力がかかり、静脈は太く蛇行するようになり静脈瘤ができてしまいます。

治療

静脈瘤の程度とタイプによりストッキングによる圧迫療法を当院ではおこなっております。

重症の場合や手術等が必要な方は連携病院のご紹介をさせていただきます。

 

みなみまちクリニック

〒734-0007 広島県広島市南区皆実町5-18-2
TEL:082-250-0155

医療法人 凛々しき手について

Copyright (C) 2014 minamimachi clinic. All Rights Reserved.